サジーのお酒【サジー美人】を寒い冬に飲むといいことたくさん!

サジーのお酒「サジー美人」で寒い冬をぽかぽかに過ごそう。

 

寒くなってきました。

冬になるとロックではなく、熱燗でお酒を楽しむ方も多いでしょう。
サジーのお酒サジー美人は「熱燗」には適していませんが、実は「冬にぴったりのお酒」ともいえるのです。

お酒の材料がどういう地域で作られているか?これが実は重要なキーワードです。
ワインや日本酒にも言えることですが

  • 寒い地域で作られている原料
  • 寒い記事が旬の原料

この二つを満たすものは「体を温める作用がある」と言われています。

 

自然の作物というのは理にかなっていて

  • 寒い地域の収穫物は食べる人の体を温める
  • 暑い地域の収穫物は食べる人体温を下げてくれる

のです。

 

 

 

 

お酒は体を冷やす性質のものが多いのが現状です。
お酒を飲むと血行が良くなり、体が暖かくなりますが、それは「よっている状態のとき」だけ。
ビールなどは利尿作用があり、体温を逃してしまう恐れがあります。
夏に火照った体を冷やすのにはもってこいなのですが。

 

サジーのお酒の原料「サジー」は、マイナス40℃にもなる極寒の地、内モンゴルで自生しています。
しかも収穫期は冬。

体を温める条件に沿ってますね。

 

 

 

 

サジーのお酒「サジー美人」でリラックスした夜を過ごそう。

お酒を飲むと、心身の緊張が和らぎます。
一日働いてストレスと戦って、力が入りまくった体と心を緩めるのにはお酒は「いい薬」といえます。

お酒はコミュニケーションツールの一つにもなります。
気分が緩むと、日頃は言えないことが言えたり、「まあいいかー」と心の余裕が生まれることもあります。
気分が盛り上がり会話が弾むため、親しい人とはより仲良く、そうでない人とは友情の最初の一歩が生まれるかもしれません。
みんなでわいわい騒ぐとき、ひとりでのんびりすごすひととき。
サジーのお酒はあなたにそっと寄り添ってくれることでしょう。

 

 

 

 

サジーのお酒「サジー美人」に使用されてる米焼酎は、焼酎の中でも最もすっきりしていて、口当たりが良いのが特徴。
さらに米本来の旨味もしっかり感じることができます。

日本酒の吟醸酒のようなフルーティーで華やかな香りが強く、口当たりが良いので「焼酎はちょっと…」と思われる方にもおすすめです。

 

秋の夜長はあっというまにすぎて、クリスマスツリーが点灯され、イベントが盛りだくさんのウインターシーズン。
残りわずかになった2019年にたまったいろんなストレスや心の老廃物をすっきりと流してくれるお酒を飲みながら、自分だけの「ほどける時間」をつくるのもいいかもしれません。